冬の北海道は幻想的。だから今年も行きたい

ぜひ行ってみたいのが冬の北海道。本当は寒いのは苦手なんですが北海道旅行は別。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で雪や氷の祭りが行われていますよね。そして街を彩るイルミネーションなどなど、見どころ満載です。犬ぞりレースや犬ぞり体験なんていうのもあるようですよ。
楽しそうですね~。

中でも私がぜひ行ってみたいのが、冬の知床です。冬の知床は真っ白な雪と流氷に覆われる幻想的な世界です。中国とロシアの国境を流れるアムール河の水が凍って、それがオホーツク沿岸に流れてくるのが流氷です。そんなはるか遠くから流れてくる流氷を間近で見られるのが、網走から出ている観光船「おーろら」。この観光船は流氷を砕きながら海を進んでいくという流氷砕氷船です。展望デッキやサイドデッキから流氷を眺めたり、氷の塊が船底にぶつかって震動するクルージングは迫力満点なんだとか。もしかしたら氷の上で休憩するアザラシや、空を舞うオジロワシなどを見ることもできるかもしれないそうです。サンセットクルーズでは流氷に覆われたオホーツク海に沈む夕日の美しさを堪能できるそうですよ。また2月から3月の下旬にかけて「流氷ウォーク!」なるものが楽しめるそうです。これは専用のドライスーツを着て流氷の上の散歩を楽しむんだそうです。流氷の落とし穴に入る「流氷風呂」を楽しむこともできるそうですよ。流氷の上を歩くなんて想像もできませんが、きっと気持ちがいいでしょうね。寒さも格別かもしれませんが・・・。

お鍋といえば

冬が近づいてくると、無性に食べたくなるのが、熱々のお鍋ですね。お鍋といえば、色んなお鍋がありますが、私は、海の幸がたっぷりのお鍋が大好きです。特に、年末に向けては、牡蠣が外せません。牡蠣は生で食べるのが一番好きなんですが、お鍋に入れてもとっても美味しいので、いいですよね。お鍋は、家族で食べたり、友人と集まって食べたり、バイト仲間と食べたりと、実にいろんな人とワイワイ楽しむことができるのも大きな魅力です。家には当然、大きな土鍋があり、冬場は、食卓にあがらない週はないというぐらい大活躍します。
お鍋の中身ももちろん大事ですが、お鍋自体も、かわいいもの、かっこいいもの、いろいろとあるので、鍋好きとしては、ここにもこだわっていきたいものですね!京都出身の友人は、お鍋といえば、水炊きがなじみ深いのだそうです。京都のお鍋といえば、ハモを入れるんだそうですね。ハモは、お鍋に入れると、触感も味もとっても美味しいんだそうです。ぜひ一度、本場、京都に行って、ハモの入ったお鍋を食べてみたいですね。京都は、夏は暑いけれど、冬はとっても寒いそうなので、特に鍋料理が重宝されそうなイメージがあります。ということは、北国でも、お鍋は大活躍しているんでしょうか。北国のお鍋といえば、秋田に行った時に食べた、きりたんぽ鍋を思い出します。あまりの美味しさに衝撃を受けました。きりたんぽはあきたこまちで作られていて、比内地鶏はこりこりっとしていて美味しいし、お鍋に入っていたごぼうやセリなんかもとっても美味しかったです。できれば、また食べに行きたいと思います。